SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineインサイト

スティーブ ・ブランク氏が語る、大企業の新事業立ち上げ新手法「Innovation Pipeline」とは

ゲスト:スティーブ ・ブランク氏、ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社 堤孝志氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

リーンスタートアップ手法を社会課題解決に適用した教育プログラム「Hack for X」とは

堤:Innovation Pipeline以外の新規事業開発にまつわるトピックスとして、ブランクさんは Hack for Xという教育プログラムを行っていますね。こちらはどういったものなのでしょうか。

ブランク:8年前に、これまでの大学のイノベーションに関する授業は間違っていると感じて、全く新しいリーンローンチパッドを活用した授業をスタンフォード大学で始めました。学生は教室を出て、週に10から15社と対話して、毎週最低でも一つのミニマムバイアブルプロダクト(MVP)を作るんです。最終的には学生たちは100社以上の顧客と話すことになります。これは全米で98の大学で教えられるプログラムになりました。5000人以上の学生に教えてきたんです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineインサイト連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング