SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Design×Management=Innovation

デンマークが産んだ「クリエイティブを高めるツールキット」の使い方とは?

ゲスト:デンマーク・デザイン・センターCEO クリスチャン・ベイソン氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「物理的な場のデザイン」と「都市固有のデザインのDNA」

佐宗:デザインツールをオンライン上で公開したのは、世界中に影響力を拡大するという点で非常に意味がありますね。一方で、公開せずにデンマークのみで使うものにすれば、それはコペンハーゲンの強みになったとも思います。プラットフォームやツールを生み出すこと以外に、コペンハーゲンやDDCの役割があると考えたのでしょうか。

ベイソン:その通りです。DDCはNPOかつNGOですが、Ministry of Business & Economy(日本の経産省にあたる)が出資しており、その省の大臣によって指名される役員がいます。そのようなガバナンスのなかでも、2018年に政府は、このDDCの建物をオープンな場所にしようと決めたのです。その理由は「物理的な場所」、つまりコワーキングスペースを作り、コペンハーゲンを魅力的にすることで、“世界をここに持ってくること”が重要だと考えたからです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Design×Management=Innovation連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング