ビットキー、食のCtoCプラットフォームのポケットマルシェと業務提携を発表

 ビットキーは、全国の生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」を運営するポケットマルシェとの業務提携を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 事業開発 テクノロジー 物流

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の業務提携で、ビットキーが提供するスマートロック「bitlock LITE」や、ビットキーのデジタルキープラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」を活用し、ポケットマルシェ利用者が不在時でも指定場所に食材を配達するサービスの実証実験を2019年秋に開始することで合意したという。

 ビットキー独自のキーテクノロジーにより、安心・安全な商品の受け渡しが可能となる。ビットキーは、不在時に商品の到着が遅れてしまう問題の解決や「ピックアップポイント」を用いた配送手段の拡充、手間の削減などで、ポケットマルシェの提供サービス拡大を支援するとしている。