Biz/Zineニュース

ツクルバ、家具サブスクリプションサービスを提供するsubsclife社へ上場後初の出資を実施

 中古・リノベーションマンションの流通プラットフォーム「カウカモ」を提供するツクルバは、家具のサブスクリプションサービスを運営するsubsclifeに2019年8月末に出資を行い、業務提携に向けた覚書を締結。今回の出資は2019年7月のツクルバ上場後、初の出資となる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] マーケティング 事業開発 サブスクリプション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 subsclife社は従来の「家具は所有をするモノ」という概念を壊し、2018年3月のβ版ローンチを経て2018年9月から家具のサブスクリプションサービスを提供。家具メーカーやリース会社との提携で事業基盤を固め、サービスローンチから既に売上高が32倍と急成長している。今後は更なる連携に基づき、カウカモユーザーに向けての家具サブスクリプションサービスの共同開発などの取り組みも視野に入れていくとしている。

 ツクルバとして上場後初の出資案件となり、成長戦略として、既存事業の企画・運営に留まらず、今後は出資活動を通じた出資先企業とのシナジー創出を行うことで、飛躍的な成長と社会的価値の創出を目指す方針だという。