Biz/Zineニュース

デロイト トーマツとScrum Inc. Japan、スクラムを用いた組織変革コンサルティングで協業

 デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)とScrum Inc. Japanは、スクラムを用いた組織変革コンサルティングの展開で協業を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 組織変革 スクラム DX アジャイル組織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクラムとは、Scrum Inc.社のJeff Sutherland博士が提唱したアジャイル開発の手法の一つで、顧客からのフィードバックに基づき計画と開発を短い期間で繰り返し、新しい機能を次々とリリースしていくイノベーション手法であり、世界中の企業および行政府に採用され、アジャイル開発手法として世界で最も普及している。近年、日本企業においても、不確実性が高まる競争環境でデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するための組織フレームワークとして需要が高まっている。

 今回の協業においてDTCはデロイト トーマツ グループで擁するプロフェッショナルが手掛けてきたDXに関する経験とグローバルネットワークで有する知見を背景に、DXを実現する上でカギとなる組織変革全般に関わるコンサルティングサービスを「エンタープライズアジリティアドバイザリー」として提供する。また、Scrum Inc. Japanは、コンサルティングサービスの提供における、顧客企業向けにスクラムに関する知識・スキル向上のためのトレーニング提供、ならびに顧客企業へのスクラム導入に関するコンサルティングサービスの提供を行う。