オープンハウス、AI・RPA技術を活用し不動産業務を自動化

 オープンハウスは、ディープラーニングや遺伝的アルゴリズムなどの高度な技術を活用することで、従来は人が手作業で行わざるを得なかった不動産の業務を自動化した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンハウスでは昨年より、AI・RPAによる業務の自動化に取り組みはじめている。内製で既存のAI・RPA技術を活用した開発に加え、事例のない先駆的な応用研究も実施、GPUマシンなどHPC環境にはクラウドを活用し低コストでの導入を実現したという。また、課題とされる高度なAI人材の採用については、海外での新卒採用を実施、既に物件資料作成の機械学習モデルの開発を行うなど、初年度から成果を出している。

 10テーマの実現により、すでに年間25,700時間の工数削減に成功したとしている。