SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

藤幡正樹氏に聞く、21世紀の教養とは

21世紀の教養は“知識の組織化を行う”──言葉と知識偏重の時代を経て辿り着く、身体性の時代とは?

ゲスト:メディアアーティスト 藤幡 正樹氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

21世紀は言語化されない、身体性が重要になる

 20世紀は言語が大変に重視された時代であり、それはアートの領域においても同様であった。しかし、作品には言語で説明しきれない残余のような部分がある。藤幡氏は「それこそが本来の創造性だし、言葉にならない部分をビジョンとして共有することができるのが現代のアートだ」と語る。

 そして、20世紀があまりにも言葉や知識というものに偏重した時代であったがために、今は揺り戻しが起きている、というのが藤幡氏の認識だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
藤幡正樹氏に聞く、21世紀の教養とは連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング