Biz/Zineニュース

オプティマインドとあいおいニッセイ同和損保、自動運転の「安全で最適な走行ルート」実現に向けて共創開始

 オプティマインドと、MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険(以下、あいおいニッセイ同和損保)は、将来の自動運転社会を見据え、あらたなモビリティサービス(MaaS)の普及をサポートするため、「安全で最適な走行ルート」の実現に向けた共創取組を開始し業務提携契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 自動運転 保険

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あいおいニッセイ同和損保は、2018年4月にドライバーの運転データをもとに運転特性を保険料に反映した自動車保険を発売。以降、安全運転を促進するための様々な商品・サービスを展開し、クルマから取得されるデータを活用した保険商品・サービスや安全運転促進に関する当社独自のノウハウを保有してきた。また、自動運転社会を見据えて「CASE・MaaS」に対応した商品・サービスの研究・検討を進めている。

 オプティマインドは、ラストワンマイルの配送ルート最適化を目的とした「Loogia」を提供しており、ラストワンマイルならではの制約条件を加味したアルゴリズム、地図ネットワークの分析・加工やビックデータの学習モデル構築について独自のノウハウを保有している。

 今回両社は、将来の自動運転社会を見据えて、これらの特長を活かした共創取組により自動車の走行環境に関する安全性や、安全性を踏まえた最適な走行ルートに関する新たなノウハウを構築することで両社の特長を進化させることが可能と考え、業務提携契約を締結した。

 両社は、あいおいニッセイ同和損保が保有するテレマティクス自動車保険のデータを活用し、Loogiaに危険挙動発生多発地点や事故発生多発地点の情報を組み込むことで、オプティマインドのルート最適化ノウハウに安全性の観点を強化する研究を進めていく。この研究により、あいおいニッセイ同和損保は、自動運転社会を見据え、自動車の走行環境に関する安全性の評価や、安全性を踏まえたルート最適化技術を活かした保険商品・サービスに関する研究を実施。オプティマインドは、Loogiaの精度向上に取り組み、サービス導入企業が安全に配送できる「安全で最適なラストワンマイル配送ルートの提案」をさらに強化する。また、この研究を通じて親和性が高まる両社のビジネス上の連携についても具体検討を行い、相乗効果の発揮を目指すという。

 さらに、両社は、自動運転社会やMaaSの普及を見据えて、安全で最適な走行ルートの研究を中長期的に共同で取り組み続ける。今回の業務提携を通じて、これまで以上に「安全・安心で快適なモビリティ社会」へ貢献していくことを目指すとしている。