Biz/Zineニュース

b8ta Japan、「b8ta スタートアップ・D2C サポートプログラム」の提供を開始

 2020年夏にアジア初となる2店舗を有楽町と新宿マルイ本館にオープン予定のb8ta Japanは、スタートアップ企業やD2C ブランドを支援する、「b8ta スタートアップ・D2C サポートプログラム」の提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] DX 小売 RaaS

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本プログラムは、日本のb8ta店舗への出品にかかる費用(通常・月額30万円前後[税抜])の一部を、1社あたり月額22万円を上限に最大2カ月間、b8taが補助するという取り組み。

「b8ta スタートアップ・D2Cサポートプログラム」詳細

b8ta Japan

 スタートアップ企業やD2Cブランドによる、b8ta店舗への出品を支援し、ビジネスの成長に貢献することを目的とした特別支援プログラム。プログラム提供先は、応募企業の中から選考のうえ決定するとしている。感染症の世界的大爆発という不測の事態が各国経済に与える影響が懸念される中、可能な限り多くのスタートアップ企業やオンライン中心で事業を展開するD2Cブランドのリアル店舗出店をサポートし、当座の売上支援を行いたいという意思のもとの提供決定だとしている。

 支援内容としては、応募企業の中から選考の上、下記の支援プログラムを提供するとしている。

  • 通常、月額30万円前後(税抜)のb8ta出品料に対して、1社あたり月額22万円を上限に最大2カ月分、b8taが補助。
  • 本プログラムの提供先企業/ブランドを中心とした店内イベントを、b8taと共同で開催可能。開催予定日は、2020年8月8日(土)。

 出品店舗は有楽町または新宿のいずれかを予定しているが、選択はできないとしている。募集期間は、2020年4月1日~4月14日(23:59まで)※好評につき、5月8日(23:59まで)申し込み期間が延長されました(※4月9日時点)

 応募条件は、オフラインで自社の商品やサービスのプロモーションがしたい、ユーザーに体験してもらう場所を作りたい、と思っているスタートアップ企業やD2Cブランドを運営している企業。2020年4月30日時点で、日本国内での販売が可能な製品やサービス、もしくは体験できるプロトタイプがあること。海外企業は、対象商品・サービスの正規輸入元で販売許可を持っている場合に限るとしている。

 応募方法は、「b8ta スタートアップ・D2Cサポートプログラム」応募フォームへアクセス。フォームに必要事項を記載の上、応募する形式をとっている。