Biz/Zineニュース

エクサウィザーズ、オンライン1on1支援サービス「HR君1on1」のトライアル提供を開始

 エクサウィザーズは、 オンライン1on1支援サービス「HR君1on1」のトライアル提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] タレントマネジメント ワークスタイルIT ダイバーシティ 企業戦略 1on1

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高精度の動画解析アルゴリズムを応用して開発、オンライン1on1の質向上をサポート

1on1

 「HR君1on1」は、オンライン1on1の動画と音声をAIで解析することで、アドバイスをフィードバックし、テレワーク時における質の高いコミュニケーションの実現を支援するオンライン1on1支援サービス。サービス開発にあたり、エクサウィザーズがこれまで手がけた他案件での実績がある、高精度の動画解析アルゴリズムを応用している。

 同サービスでは、オンライン1on1の動画と音声から表情、会話量、声をAIで解析することで、1on1を定量的に分析が可能(話の言語的内容は解析の対象外)。オンライン1on1に参加した両者はフィードバックレポートを参照することで、コミュニケーションの現状を客観的に認識し改善に活用することができるという。

 また、 「相手が自由に回答できる質問を意識しましょう」「話すスピードをもう少しゆっくりにしましょう」など、 より良いコミュニケーションを実現するためのアドバイスも提供。これにより、オンライン1on1におけるコミュニケーションの質を高め、テレワーク時の社員の生産性やエンゲージメントの向上に寄与するとしている。

HR君1on1の特徴 ~表情、会話量、声をAIで解析~

1on1

1:動画と音声を解析し定量化。1on1の質を表す指標と結果に応じたアドバイスを提供

 オンライン1on1の動画と音声から、表情、会話量、声をAIで解析し、1on1の内容を定量的に分析。より良いコミュニケーションの取り方について、国際コーチ連盟の有資格者(PCC)が作成したアドバイスを分析結果に応じて提供する。

2:事前・事後シートの入力により、 部下の「話したいテーマ」を明確に

 部下が「話したいテーマ」を事前に入力し、上司は1on1のテーマを明確にすることができる。また、事後は上司と部下がどちらも感想を記入することで、コミュニケーションのギャップがないかどうかを可視化する。

3:これまでに実施した1on1の内容をダッシュボードで一元管理

 1on1の実施内容を時系列でデータ参照することができ、いつどのような内容だったかをダッシュボードで振り返れる機能も今後実装を予定。また、スーパーバイザーやメンターが1on1の量と質を把握することで、組織として必要なマネジメントにつなげることができる。