SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

失敗しない新規事業開発の進め方

新規事業開発に挑み続けるための“撤退基準”の定め方──成功に向けた「健全な多産多死」を実現するには

第5回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

外部環境/内部環境の変化に合わせて臨機応変に判断を変更し続ける

 最後に、撤退基準やそれに基づく判断に影響を与え得る環境や要因についてご紹介したいと思います。あらかじめ客観性のある撤退基準を明示して運用していたとしても、何らかの環境や状況の変化によって、その撤退基準を検討する際の観点や指標に影響が出る可能性は常に存在しています。特にVUCAの時代とも呼ばれ、未来を予測することが困難な現代社会においては、変化に合わせて臨機応変に、スピーディに判断の変更や意思決定を行っていく必要があります。昨今では、新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大によるコロナ・ショックが引き起こした急激な経済の停滞・悪化や、様々な社会課題の顕在化、消費者心理の劇的な変化などにより、企業は喫緊の課題への対応を余儀なくされています。このような状況下において、元々設定していた撤退基準の観点や指標に固執して冷静な判断ができなくなってしまっては元も子もありませんし、結果として会社全体を危機にさらすことになります。

 企業としての判断や意思決定、もしくはその基準となる観点や指標に影響を与える要因は大きく外部と内部の2つに分類され、さらにいくつかの観点に分かれます。それを短期と中長期のそれぞれで動向や変化を注視しなければなりません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
失敗しない新規事業開発の進め方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

北嶋 貴朗(キタジマ タカアキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング