Biz/Zineニュース

ONE JAPAN、大企業挑戦者支援プログラム「CHANGE by ONE JAPAN」の開催を発表

 大企業の若手・中堅社員を中心とした約50の企業内有志団体が集う実践コミュニティ「ONE JAPAN」は、5月25日より、大企業挑戦者支援プログラム「CHANGE by ONE JAPAN」(以下、本プログラム)を開催することを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本プログラムでは、日本産業のイノベーションを各界でリードするトップメンターや大企業で実際に挑戦し続ける実践者メンターなど総勢約80名によるメンタリングや、事務局メンバーによる伴走支援、オンライン形式のセミナー・ワークショップなどを通して、参加者の挑戦プランをブラッシュアップするもの。「大企業から、世の中を変革する」の理念の基、本プログラムを通して、支え合う仲間と勝ち残るための武器を提供・サポートするとしている。

 本プログラムによってブラッシュアップした挑戦プランは、2020年秋頃開催予定の ONE JAPANの大規模イベント内にて発表した後、参加者が各企業内で挑戦を実行することで、日本企業のイノベーションを促進するとしている。

プログラム概要

  • プログラム名:「CHANGE by ONE JAPAN」
  • 応募対象:企業に所属し、企業で挑戦したい新規事業や既存事業変革のアイデアを有する方(チーム可)
  • 公募期間:2020年5月25日(月)~6月23日(火)正午
  • 選考結果通知:2020年6月30 日(火)頃
  • ブラッシュアップ期間:2020年7月~9月
  • Demo Day(成果発表会):2020 年9月下旬頃(予定)
  • 応募方法:特設ページより応募
  • 参考:ONE JAPAN 加盟団体の所属企業:パナソニック、NTT グループ、日本郵便、富士フイルム、キヤノン、日本アイ・ビー・エム、デンソー、AGC、富士ゼロックス、本田技研工業、富士通、マッキャン・ワールドグループ、ミサワホーム、豊田通商、日本電気、トヨタ自動車、野村総合研究所、日本放送協会、武田薬品工業、朝日新聞社、三越伊勢丹、日揮ホールディングス、テルモ、アフラック生命保険、東芝、東急グループ、日本テレビ放送網、アステラス製薬、サントリー食品インターナショナル、ハウス食品、日本取引所グループベネッセホールディングス、東洋製罐グループホールディングス、日本たばこ産業、千代田化工建設、リコー、アイシン精機、電通、三菱自動車工業、川崎重工業、東日本旅客鉄道、ソニー、ソフトバンク、凸版印刷、中外製薬、ダイドードリンコ、SOMPO ホールディングス、ブラザー工業、KDDI、TOTO、旭化成、東京海上グループ、コニカミノルタ、日鉄ソリューションズ(※ 企業活動ではなく、企業内の有志団体)