Biz/Zineニュース

博報堂とヴァル研究所、地域の移動課題、社会課題の解決を目的としたMaaS開発を目指し業務提携

 博報堂とヴァル研究所は、地域の移動課題、社会課題の解決を目的とした新たなMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)開発を目指し、業務提携契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] MaaS

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂はこれまで、様々なサービス開発・商品開発を行ってきた実績を持ち、生活サービス(商業施設や医療施設など)や、生活インフラ(通信や電力など)に関連する企業とパートナー関係を有している。一方、ヴァル研究所は、MaaSの根幹となる乗り換え案内サービス等のシステムを開発・提供しており、これまで、交通事業者と共に、各地で様々な実証実験を行ってきた。

 今回の業務提携では、博報堂とヴァル研究所、およびパートナー企業との連携を積極的に進め、サービス開発にあたっては、博報堂のサービスデザイン力と、ヴァル研究所のシステム開発力を掛け合わせ、生活者にとってより良いMaaSの開発を目指すとしている。

取り組み予定のテーマ

  • 自家用車を活用した移動サービスのシステム開発
  • 公共交通と自家用車の移動サービスの統合システム開発
  • 交通サービスと商業施設や医療施設との連携
  • 交通サービスと生活インフラサービスとの連携