Biz/Zineニュース

トライアルホールディングス、「スマートショッピングカート」を他企業へ初納⼊ アルク到津店に試験導⼊

 トライアルホールディングス傘下のRetail AIは、⾃社開発した「スマートショッピングカート」を、リテールパートナーズ傘下の丸久が運営するスーパーマーケット「アルク到津店」に納⼊、同店で7⽉9⽇(⽊)から運⽤実証実験を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 RaaS Retail AI リアイル スマートストア

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「スマートショッピングカート」は、キャッシュレス決済機能付きタブレットを搭載した買い物カート。トライアルグループが運営する店舗では既に20店舗で合計約2,500台が稼働している。今回、リテールパートナーズとトライアルグループのトップ同⼠が、リテール分野でのAI活⽤を推進していく⽬標を共有したことで、「アルク到津店」への「スマートショッピングカート」納⼊が実現した。トライアルグループが⼩売業界全体のスマート化に貢献していくための、⼤きな第⼀歩と位置づけているという。

 withコロナ時代の店舗経営に求められる「⾮対⾯」「⾮接触」を可能にするDX(デジタルトランスフォーメーション)のために、トライアルグループは独⾃技術やノウハウの普及を今後も進めていくと述べている。

スマートショッピングカートとは

 来店客が商品のバーコードをスキャンしながら買い物をすることで、有⼈レジや既存のセルフレジを使わずに決済ができるタブレット端末付きショッピングカート。決済にはトライアル専⽤のプリペイドカードを使⽤する。なお、丸久における同カートの呼称は「レジカートシステム」。また決済にはマルカカードを利⽤する。

スマートショッピングカート

スマートショッピングカート

スマートショッピングカート導⼊により⾒込まれる効果

  • 会計時の「⾮対⾯」「⾮接触」促進
  • 既存の有⼈レジを使わないことで店員とお客様の接触機会を削減
  • 店員が商品に触れることなく会計が完結
  • お客様が現⾦に触れることなく会計が完結
  • その他の効果:タブレット端末を通じたクーポン配信やレコメンド(おすすめ商品の表⽰)等、お客様のお買い物体験の向上ほか

「アルク到津店」への納⼊状況、実証実験期間

 40台納⼊(7⽉9⽇時点)。7⽉9⽇から3ヶ⽉間実証実験期間を設け、その後もトライアルグループと丸久で運⽤改善を⾏う予定。