SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

行動経済学をビジネス実務に落とし込む

行動経済学の27の理論を実務家目線で整理する──全体像を掴む“4つのカテゴリー”

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“情報の出し方”が生活者の判断を変える

4.見せ方や並べ方を変えるだけで、判断が変わってしまう

 仮に内容がまったく同じだったとしても、それぞれの見せ方や並べ方次第で、判断が変わってしまうというものです。これは「フレーミング理論」としてまとめられます。なお、このカテゴリーに入れた理論の中には、それ以外のものもあります。また、いくつかの切り口は、適当な呼び方がないため、著者のオリジナルです。

 マーケティング領域においては、生活者のそのような傾向を上手く逆手にとって、選ばれる有利な状況を作らなければいけません。情報の出し方一つで判断を変えられるなら、これを使わない手はありませんよね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
行動経済学をビジネス実務に落とし込む連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

楠本 和矢(クスモト カズヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング