Biz/Zineニュース

電通とグッドパッチ、X Design Partner設立 デジタル領域の新事業・プロダクト開発支援へ

 電通は、グッドパッチと共同で、デジタル領域の新事業・プロダクト開発において、顧客の体験価値を起点としたサービスデザインと、事業成長に向けたマーケティング戦略を、一気通貫で提供するプロジェクト「X Design Partner(エックス デザイン パートナー)」を立ち上げた。その一環として、サービスデザイン・UI/UX開発からタグライン/キャッチコピー開発、ローンチ後のマーケティングコミュニケーション戦略まで“開発初期から・同時進行で・一貫して”検討、実施するサービスを11月2日より開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] マーケティング サービスデザイン 事業開発 新規事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このプロジェクトのサービスは、開発初期段階からプロダクトデザインとマーケティング戦略を一気通貫で行うもの。ターゲットの設定や顧客体験を踏まえたコンセプト、マーケティング視点からのメッセージ開発を同時に検討・設計する。そのため、検証の際はプロダクトとコミュニケーションを合わせてユーザーに評価してもらうことができ、時間の効率化だけでなく、開発段階から事業成長を視野に入れたマーケティング文脈を組み込むことができる。

 X Design Partnerにおいて、グッドパッチは、顧客体験を起点としたプロダクト/サービス戦略からUI/UXデザイン、開発を中心に、電通はマーケティング視点からタグライン/キャッチコピー開発、ブランディング、統合コミュニケーション、グロース戦略立案を行う。両社は各フェーズで連携し、同時に検討・設計を進めていく。

X Design Partnerにおける基本プロセス

 X Design Partnerにおけるプロセスは大きく3つに分けられる。

  1. ユーザー/マーケットリサーチ:自社内・ユーザー・マーケットに関するリサーチを行い、新規事業/プロダクトコンセプトを策定
  2. プロトタイピング検証、メッセージ/イメージボード制作:策定した新規事業/プロダクトコンセプトに基づいて、プロトタイピングとメッセージ/イメージボードを制作し、MLP(minimum lovable product)の検証と定義づけを実施
  3. 事業/プロダクトの開発、コミュケーション戦略策定:事業/プロダクトの開発とマーケティングコミュニケーション戦略の策定を行い、プロダクトローンチ後の迅速な事業成長を促進