Biz/Zineニュース

SCENTBOX、リラクゼーション事業を展開する三菱地所子会社で、プロダクト開発に向け実証実験を開始

 機械学習等のテクノロジーを活用し新規事業のデジタル化を推進するスタートアップのSCENTBOXは、リラクゼーション事業を展開する三菱地所子会社にて、AIを活用しProduct/Market Fitを実現するプロダクト開発に向けた実証実験を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SCENTBOXは、事業における顧客の利用データ等の定量データと顧客ヒアリング等の定性データの双方を掛け合せAI(機械学習による数値データ及び自然言語処理)で解析。それによって、顧客ニーズの可視化、ターゲット顧客の絞り込み、最適アクションのレコメンドを行い、PMFの実現に向け効果的に事業の仮説検証が行えるSaaSプロダクトの開発を進めている。

 今回の実証実験では、リラクゼーション事業を展開する三菱地所子会社にて、定性・定量データをAIで解析し仮説検証を繰り返すことでPMFを目指すことにより、プロダクトの機能の有効性を実証していくとしている。