SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

物流スタートアップのsoucoと豊田自動織機、業務提携契約を締結

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 豊田自動織機と倉庫と荷主のマッチングプラットフォーム『souco』を運営する物流スタートアップのsoucoは、双方が保有する技術、情報等を活用し、倉庫および倉庫内アセットの有効活用に関するサービス、システム等を、開発、提供、運用、その他関連する事業を行うことを目的とした業務提携契約を締結した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 souco社は物流施設や倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約したマッチングプラットフォームを展開。11月末時点での登録企業は1500社以上となる。豊田自動織機は国内に40社あるトヨタL&F販売店ネットワークを通じて、世界シェアNo.1のフォークリフトや自動倉庫、AGV等の物流ソリューションを提供する企業。

 souco社と豊田自動織機は、提携の第一段階として、豊田自動織機または全国40社の販売店の取引先に対し、保有する物流施設の稼働率向上支援として、空きスペースの有効活用を目的としたsoucoの紹介および登録サポートを開始。これによりsouco社はより広範囲な倉庫ネットワークの獲得を目指す。同時に、豊田自動織機はsoucoを利用する荷主企業向けに、倉庫の一時利用時におけるフォークリフトレンタルを開始する。

soucosouco社と豊田自動織機が目指す将来サイクル

soucoについて

 souco社は、物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約しマッチングサービスを展開するスタートアップ企業。物流施設を利用する3PL企業や物流事業者にとって、閑散期における余剰スペースの転貸先確保や、繁忙期に短期で賃借できるスペースの確保が課題の一つとなっている。しかしながら、効率性の高い先進的物流施設は、千坪・年単位で賃貸借されることが多く、余剰スペースの転貸や短期の賃貸借については、メーカーや3PL企業同士の情報交換に頼らざるを得ないケースが多く、業界の共通課題となっているのが現状。

 souco社は、物流施設の空きスペースの情報を登録・検索することが出来、千坪以下の小ロットかつ、1ヶ月といった短期でも利用可能なインターネット上のプラットフォームsoucoを提供することで、スペースを抱える企業とスペースを必要とする企業の課題解決を目指している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング