Biz/Zineニュース

キヤノンMJ、社長を委員長として「サステナビリティ推進委員会」を設置

 キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)は、同社と社会のさらなる持続的発展を目指し、社長が委員長を務める「サステナビリティ推進委員会」の設置を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] サステナビリティ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンMJは、キヤノングループで掲げる企業理念である「共生」のもと、企業の社会的責任を全うするためにコンプライアンス、情報セキュリティ、環境、社会貢献など、社会に先駆けて様々な取り組みを行っている。今回、これらのCSR活動に留まることなく、同社と社会のさらなる持続的発展を目指し、サステナビリティ経営を経営計画の中核に据え、企業価値向上施策の検討を行う場として、「サステナビリティ推進委員会」を設置した。

 キヤノンMJは、キヤノン製品関連事業に加え、ITソリューション事業を拡大することにより、社会が直面する危機に対して当社グループが解決できる領域を広げ、社会にとってなくてはならない存在となるために、グループ全員参加型でサステナビリティ経営を進めていくという。

 サステナビリティ推進委員会は、社長が委員長を務め、経営計画策定および実行の責任者を中心としたメンバーがサステナビリティに関わる取り組みの検討および審議を行う。あわせて、経営戦略・企画機能を担う企画本部内に「サステナビリティ推進部」を設置し、同委員会の実行・推進役として、グループ全体のサステナビリティ経営を牽引していくとしている。