SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営変革の「思想」と「実装」

宇田川准教授がライオン松本氏と藤村氏と語る、インサイドアウトの経営変革に不可欠な両利きの支援者とは?

第1回ゲスト:ライオン株式会社 ビジネス開発センター 松本 道夫氏、藤村 昌平氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「部門単位」ではなく「価値単位」でのアウトプットが日本企業の強みだった

宇田川:マネジメント層の中には、「昔はこんなに縦割りじゃなかった」とか「もっと自由闊達に、部門を超えて議論していたのに」と言う人が結構いらっしゃるんですよ。ライオンさんにも、そういう問題意識があったんでしょうか。

松本:そうですね。事業部制を敷いてきたことで、それぞれがひとつの領域を担っているという意識が高く、昔と比べて組織の壁が高くなった感覚はあります。新しいことをするには壁を壊さないと、という意識は経営層も含めて強いと思いますね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営変革の「思想」と「実装」連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング