Biz/Zineニュース

KDDI、三菱重工、NECネッツエスアイ、液浸冷却装置の活用と小型データセンターの実現へ実証実験開始

 KDDI、三菱重工業(以下、三菱重工)、NECネッツエスアイは、6月21日から、液体でサーバーを冷却する液浸冷却装置を活用し、それらをコンテナに収容した小型データセンターの実現および、国内における2022年度の社会実装を目指し、実証実験を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 実証実験 KDDI 三菱重工 データセンター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この実証では、KDDI、三菱重工、NECネッツエスアイが、業界の枠を超えてそれぞれの強みを持ち寄り、50kVA相当のサーバーと液浸冷却装置を12ftのコンテナに収容し、十分な冷却性能を発揮しながらも、業界最小水準であるPUE1.1以下のエネルギー効率を目指す。

 これにより、データセンターとしての消費電力は約35%の削減が見込まれ、電力を大量に消費するデータセンターの課題に応えると同時に、二酸化炭素の排出抑制が期待できるという。

 また、データセンターの置き場所の選択肢が増え、設置環境や条件を大きく緩和し、設置が容易なデータセンターを実現することで、既存のデータセンターの処理を補完し、高速かつ遅延の少ないデータ処理を可能にする。さらに、高性能で高密度に実装された冷却機構は、より大型のデータセンターにもサーバー実装数の増加やエネルギー消費量の低減と言ったソリューションを提供できるとしている。