SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NEC、米国AWSとグローバル5Gやデジタル・ガバメントなどの領域で協業を拡大

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 NECは、Amazon Web Services(以下、米国AWS)と、グローバル5Gやデジタル・ガバメントなどの領域での協業を拡大し、顧客のDX加速を支援する取り組みを開始する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 2020年11月にコーポレートレベルの戦略的協業契約を締結し、オファリングメニューの共同開発やデリバリー体制の強化を進めてきた両社は、今回協業を拡大し、以下の領域について連携し取り組みを強化する。

1.グローバル5G領域の連携

 NECは、クラウドネイティブな5Gソリューションと、AWSのクラウドおよびエッジソリューションなどを組み合わせ、エンドツーエンドの様々なオファリングメニューを開発し、グローバルで提供することを目指す。これにより、通信事業者のクラウド導入や、企業のお客様のDX加速に貢献する。また、5Gネットワークの効率的な展開や拡張、運用の自動化と経済性の大幅な向上なども実現する。

2.デジタル・ガバメント領域の強化

 戦略的協業関係やこれまでの政府および公共機関向けの実績を踏まえ、NECはAWSの政府機関コンピテンシーパートナーに認定された。今後、AWSとの協業関係をさらに強化し、デジタル・ガバメントの加速に向けたオファリングメニューの開発と提供に注力していく。

3.ハイブリッドクラウドを実現するオファリングメニューの提供

 AWSとの連携により、オンプレミスおよびクラウド環境をセキュアかつ高速・低遅延で接続するハイブリッドクラウドを実現するオファリングメニューを開発し、提供を目指す。これにより、顧客の既存のIT資産を活かしたモダナイゼーションを通じてDXの加速に貢献していく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング