SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

住友林業、建物のCO2排出量などを見える化するソフトウェアの日本単独代理店契約を締結

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 住友林業は、フィンランドのOne Click LCAと、建物のCO2排出量などを見える化するソフトウェア「One Click LCA」の日本単独代理店契約を締結した。

 同ソフトウェアは、ライフサイクル全体での環境負荷を評価するLCA(ライフサイクルアセスメント)を通じて、実際に建築現場で使用する個々の資材データを基に、建設にかかる原材料調達から加工、輸送、建設、改修、廃棄時のCO2排出量(エンボディード・カーボン)などを算定できるという。

 同社は住宅・不動産業界団体などに働きかけ、同ソフトウェアを通じたエンボディード・カーボン算定の基盤構築を目指すとしている。

 また、より正確にLCAを行うために、資材の環境認証ラベルであるEPD(Environmental Product Declaration)取得に向けた木材・建材メーカーへの支援体制を構築。CO2排出量を削減するためのコンサルティング事業を通じて、建物のCO2排出量の実質ゼロを目指す「環境配慮型建物」の普及を促進していくという。

住友林業が推進する事業
  • 日本語版ソフトウェア販売およびEPD取得支援:One Click LCAと共同で、One Click LCAを日本市場に適合するようにカスタマイズし、日本語でのカスタマーサポートを提供する。また、日本市場での本格普及に必要となるEPDデータの蓄積に向け、木材・建材メーカーなどのEPD取得をサポート
  • LCA普及活動:建設業界のLCAや「環境配慮型建物」の重要性をディベロッパー、金融機関に働きかけるほか、環境認証団体、官公庁との連携にも注力。木造建築に限らず、RC造や鉄骨造など、主要な工法の建物のアセット価値向上につながるCO2排出量の見える化、削減を推進する。加えて、同社も同ソフトウェアを利用し、国内外で環境配慮型建築、開発事業の創出に着手
  • LCAコンサルティング事業への進出:LCA報告書作成業務の代行や、カーボンオフセットにつながる様々な提案を行う

 今後、同社は社内にLCA専門チームを立ち上げて事業に取り組み、日本のLCAにおける取り組みを国際水準まで向上させることを目指すとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング