SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

NTTデータのビジネスデザインスプリント

アイデアをビジネスプランに育てる──NTTデータの「ビジネスデザインスプリント」とは?

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 多くの企業がデジタル技術を活用したイノベーションによる事業モデル変革に取り組むようになりました。しかし、いざ取り組みを本格化させようとしても、アイデアをどのようにビジネスプランへ具体化させていくかが分からない、あるいは世の中のフレームワークの実践的な活用方法がわからない、といった声も多く聞こえてきます。本連載では、NTTデータの数多くの社内実践や顧客共創から生まれた、ビジネスプランの解像度を高めるドリル「ビジネスデザインスプリント」について紹介します。本稿ではその成り立ちと背景、概要を解説します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

NTTデータの「ビジネスデザインスプリント」とは

 「デジタル技術を活用して新たな事業を開発する」こと自体は、今に始まったことではありません。DXに取り組むクライアント企業を支援するNTTデータ自身も、これまで数多くの新規事業開発に挑戦してきました。その挑戦を通して、新規事業開発に取り組もうとしたときに直面する課題は主に4つに集約されることがわかりました。

  • 課題1:自分のアイデアをどう具体化すればよいかわからない
  • 課題2:世の中のツール・フレームワークの活用方法がわからない
  • 課題3:ビジネスプランを俯瞰的に捉え、解像度を高める方法がわからない
  • 課題4:自分の想いを大事にしながら進められない

「4+8+27」の“問い”を解くことで自身のアイデアを磨く

 こうした課題は、多くの社員が新規事業開発に挑戦するようになった今、解くべき課題として存在感を増しています。そこでNTTデータでは、数多くの社内での試行錯誤、顧客共創による実践知を集約して、新規事業開発に初めて挑戦する人の第一歩となるドリル「ビジネスデザインスプリント」を開発しました。

 次回以降、事例を交えて解説しますが、今回は「ビジネスデザインスプリント」の概要を掴んでいただければと思います。

 アイデアをどうやってビジネスプランに育てていくのか。その鍵となる“問い”をまとめたものが、「ビジネスデザインスプリント」です。ビジネスプランを「3階層」に階層化して、それを「4つの視点」で俯瞰的に捉えます。さらに、その4つの視点を「8つの検討ポイント」で深掘りし、その8つの検討ポイントを「27のキークエスチョン」を用いることでさらに解像度を高めるプロセスとなっています。つまり、「4×8×27」の問いを繰り返すことで、「現時点のビジネスプラン」を生み出すことを可能にするドリルです。

ビジネスデザインスプリント

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ビジネスアイデアを俯瞰する「3階層」と「4つの視点」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
NTTデータのビジネスデザインスプリント連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小木曽 信吾(オギソ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング