山中伸弥教授とベニオフ氏、三木谷氏がiPS細胞研究基金で調印

4月8日、京大基金「iPS細胞研究基金」への寄付に関して、山中伸弥教授とマーク・ベニオフ氏、三木谷浩史氏が調印式をおこなった。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三木谷浩史氏(楽天株式会社代表取締役会長兼社長)、山中伸弥氏(京都大学 iPS細胞研究所 所長/教授)

 山中伸弥氏(京都大学 iPS細胞研究所 所長/教授)がおこなうiPS細胞研究の基金として、マークベニオフ(米セールスフォース・ドットコム社 会長兼CEO)、三木谷浩史氏(楽天株式会社代表取締役会長兼社長)が賛同、それぞれ計約2.5億円の寄付がおこなわれ、調印・感謝状の受け渡しがおこなわれた。場所は、「新経済サミット2015」が開催されているホテルニューオータニ。(ベニオフ氏はビデオによる参加)

 山中教授は、「国からの基金は用途に限界があった。今回の両氏の寄付は、臨床応用という目標に向けて大きな力になり非常に感謝している」と述べた。

 寄付金の使途としては、知的財産(特許)の確保と維持、優秀な研究者、研究支援者の確保、安定的な研究の推進、医療応用に向けた研究費としての支出などとなる。

 山中教授は、この調印の後、一般社団法人 新経済連盟が主催する「新経済サミット2015」でも登壇し、講演をおこなう中で、あらためて今回の寄付についても触れた。

バックナンバー