SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

READYFORと佐賀大学、業務提携を開始 第1号案件として心臓病治療に関する研究費用を募集

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 READYFORと佐賀大学は、クラウドファンディングを活用した寄付金・研究費用獲得のため、業務提携を締結した。

 提携後第1号となるクラウドファンディングプロジェクト「一人ひとりに合った最適な心房細動治療を目指して」(以降、本プロジェクト)を公開し、1,000万円を目標に2022年4月6日(水)から寄付金を募集する。

 近年、研究活動の推進や大学の教育の活性化、学生の活動支援のために、外部研究資金を獲得する必要性は高まっており、クラウドファンディングの活用が増えている。特に研究活動においては、研究費の獲得と同時に研究意義や成果を社会に伝える「アウトリーチ」につながる可能性が大いにあるのだという。

 READYFORでは、国立大学を中心にこれまで約40校と提携をしており、大学によるプロジェクトを約300件公開、総額約13億円の支援金を集めている。

本プロジェクト概要

  • プロジェクトタイトル:一人ひとりに合った最適な心房細動治療を目指して
  • 実行者:佐賀大学循環器内科
  • 目標金額:1,000万円
  • 形式:寄付金控除型/All or Nothing形式
  • 公開期間:2022年4月6日(水)9時〜5月27日(金)23時
  • 資金使途:遺伝情報解析等の研究費用
  • 概要:脳梗塞・心不全の原因となる「心房細動」という不整脈の原因解明と治療法の確立はまだ不十分。心房細動は数多くの遺伝的素因によってその性格(個性)が決まると予想されるが、心房細動の遺伝情報に関する研究はまだ十分に進んでいない。今回の本プロジェクトでは、一人ひとりの心房細動の性格に合った最適な治療を目指して、世界最大の5,000人規模での「遺伝情報に基づく心房細動治療の予後研究『FUTURE-AF研究』」の研究費用を募集する。
一人ひとりに合った最適な心房細動治療を目指して

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング