SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

トップランナーに聞くDX最前線

SOMPOホールディングス楢崎氏が語る、「プラットフォーム」を軸としたDX戦略と人材育成

第1回 ゲスト:SOMPOホールディングス株式会社 楢崎浩一氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

DX推進で事業部門を巻き込む方法

柿崎:事業部門が味方になってくれるかどうかは、DXが成功するかどうかの鍵を握りますよね。よく「DXで全社横串を通す」なんて言いますが、それは簡単な話ではなく、多くの会社は事業部からの抵抗に苦労しているように感じます。他部署を巻き込むために、どのようなことを意識されているのでしょうか。

楢崎:大きく2つあります。1つは「縁の下の力持ちに徹すること」です。たとえば、新たな製品が好評となると、事業部の担当者が表彰されたり、昇進したりします。すると事業部の人たちは、デジタル部門との取り組みが自分たちの評価に直結すると感じるようになり、アイデアや相談を持ち掛けてくるようになるのです。自分たちが評価されようと動くのではなく、事業部が評価されるよう支援に徹することで、その後のスムーズな連携につなげています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
トップランナーに聞くDX最前線連載記事一覧
この記事の著者

佐藤 友美(サトウ ユミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング