SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

カヤック、執行役員を北海道下川町のCIO補佐官として派遣 行政DXと「地域資本主義」実現を目指す

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 カヤックは、総務省が推進する「地域活性化起業人」プログラムを活用し、北海道下川町へ同社執行役員をCIO補佐官として派遣する協定を締結した。

 同社は、経営テーマとして「地域資本主義」を掲げており、地域のデジタル化推進、持続可能なまちづくりや住民のウェルビーイングの実現に貢献し、地域とともに成長する企業を目指しているという。

 一方、北海道下川町はSDGs未来都市の一つであり、2017年に第1回「ジャパンSDGsアワード」総理大臣賞を受賞している。同地域が抱えるDXの課題解決にカヤックが主体的に取り組むことで、地域資本主義の実現と同社の企業成長につながると述べている。

 派遣の概要は以下のとおり。

  • 所属先:下川町役場 総務課
  • 派遣期間予定:令和4年6月1日~令和5年3月31日
  • 業務内容
    ○ デジタル人材の育成に関すること
    ○ デジタル化による働き方改革の推進に関すること
    ○ 自治体の情報システムの標準化・共通化に関すること
    ○ マイナンバーカードの普及促進に関すること
    ○ 自治体の行政手続のオンライン化に関すること
    ○ 自治体のAI・RPAの利用促進に関すること
    ○ テレワークの推進に関すること
    ○ セキュリティ対策の徹底に関すること
    ○ 地域社会のデジタル化に関すること
    ○ デジタルデバイド対策に関すること
    ○ その他、DX推進に関すること
  • 派遣者:執行役員管理本部長 柴田史郎氏

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング