SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

3つの思考法で高める「創造力養成講座」

3つの思考法で高める「創造力養成講座」統合思考・後編──イノベーション・スパイラルとは何か?

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

第2回:創造力養成ドリル(問題と思考のヒント編)

第2回:創造力養成ドリル(問題と思考のヒント編)

 最後に、簡単なケース問題を出題したい。ここまでの議論を踏まえて、ぜひ考えてみてほしい。

問題:あなたは今、スマートシティ事業部のモビリティ担当責任者である。新たなスマートシティ構想の中で次世代のモビリティのコンセプトを提案したいと考えている。モビリティに関するトレードオフのニーズに着目した上で、新しいモビリティのコンセプトを考案せよ。

※スマートシティの規模は、一つの市程度の大きさと仮定

思考のヒント

  • 普段あなた自身や人々が市程度の大きさの街を移動しようとするときには、どんなニーズがあるだろうか
  • 上記で考えたニーズのうち、トレードオフ関係のニーズはないだろうか
  • トレードオフのニーズがすぐに見つからなければ、今回解説をした「トレードオフの課題やニーズの見つけ方」を使って強制的にトレードオフのニーズを出してみよう
  • 見つけたトレードオフのニーズを統合した上で、それを解決するサービスのコンセプトを考えてみよう

 次のページでは解説を行うので、まずは自身で何度か考えてみてほしい。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
3つの思考法で高める「創造力養成講座」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

永井 翔吾(ナガイ ショウゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング