SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ESG時代のガバナンスとIR

市川祐子氏に聞く、“会社という船”とステークホルダーの関係から理解するコーポレートガバナンスとは?

【第1回・前編】ゲスト:マーケットリバー株式会社 市川祐子氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

企業経営における所有や執行、監督の役割を航海に例える

市川祐子
マーケットリバー株式会社 代表取締役 市川祐子氏

──社外取締役の割合を増やし、創業社長への牽制が効きやすい体制になったのですね。「会社は誰のものか」という議論や、コーポレートガバナンスとは何かというテーマにつながる話だと思います。この点について見解を聞かせてください。

 会社は誰のものかというと、会社法上は株主のものであることが明確です。ただ、「会社は全てのステークホルダーのためのもの」とするステークホルダー資本主義という考え方もあり、これはのちほどでご説明したいと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ESG時代のガバナンスとIR連載記事一覧
この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング