SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

大阪ガスら、蓄電池分野における新規事業の検討に関する覚書を締結 電力系統の安定化めざし連携強化

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 大阪ガスとウエストホールディングス(以下、ウエストHD)は、資本業務提携の取り組みの一環として、蓄電池分野における新規事業の共同検討に関する覚書を締結した。

両社で目指す成長ビジョン
両社で目指す成長ビジョン

 両社は、2020年3月に再エネ分野における新規事業の共同検討に関する基本覚書を締結し、大阪ガスの電力ビジネスにおける事業基盤とウエストHDの太陽光案件の開発力を組み合わせた事業展開を行ってきた。2022年4月には、新設非FIT太陽光発電所の開発など、電力ビジネスにおける資本業務提携に関する契約を締結。九州旅客鉄道が保有する遊休地を活用した太陽光発電所の共同開発事業など具体的な取り組みを進めている。

 そして今回、業務提携を拡大し、蓄電池ビジネスの検討を加速させるため、系統用蓄電池および再エネ併設型蓄電池事業の共同検討について合意した。ウエストHDが太陽光開発のプラットフォームを活かして蓄電設備を設置し、大阪ガスが蓄電設備を複数の電力市場で取引する運用を行い、電力系統の安定化に貢献することを目指すという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング