BBT大学、英語に「Essential English」シリーズのオンライン4科目を追加

「グローバルな舞台における実践」の土台となる英語基礎力を習得

 ビジネス・ブレークスルー(東京都千代田区)が運営する「ビジネス・ブレークスルー大学」(学長:大前研一)は、2015年度秋学期から新たに「Essential English」シリーズをBBT大学の英語科目に加わえることになったと発表した。このシリーズは、「書く」「話す」「聞く」「読む」の技能ごとに4科目で構成されており、英語の語感・リズム・発話に慣れることを通して、「グローバルな舞台における実践」の土台となる英語基礎力を効果的に習得するための科目群だという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 教育IT ビジネススキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BBT大学経営学部は、文部科学省の認可を受けて2010年に誕生した100%オンラインで経営学の学士を取得できる大学として、答えのない問いに対してひるむことなく答えを見出す力を持ったビジネスパーソンを育成すべく、さまざまな教育コンテンツを提供している。

 BBT独自開発のオンライン教育プラットフォーム「AirCampus®」を利用して行われるBBT大学のオンライン教育システムでは、講義の受講だけでなく、試験やレポート提出、クラスでのディスカッションなど全ての学習活動をオンラインで完結させることが可能だ。

 そのため、卒業生だけでなく、BBT大学で学びながら世界中で活躍している在校生も多数存在しており、実務家講師陣による実践的な講義を中心に提供していることも特徴になっている。

 新たに開講する「Essential English」シリーズは、「書く」「話す」「聞く」「読む」の4科目からなり、すべて「自ら発信する」ことを念頭に置いて設計、基礎を徹底的に身につけ英語の語感・リズム・発話に慣れることを通して、苦手意識を払拭し、仕事に役立つ実践的な英語力を習得するバックボーンを作ることを目的としている。

 4科目の概要は次のとおり。

 「Essential English Writing」(1年次科目/1単位):あらゆる英語表現の土台となる「基本文型」を確実にマスターし、「書く」力をつけることを目的とした科目。

 「Essential English Speaking」(1年次科目/1単位):汎用性の高い「コアフレーズ」を徹底的に発話する練習を通じて、「話す」力をつけることを目的とした科目。

 「Essential English Listening」(1年次科目/1単位):シンプルな発音のコツを使って「ネイティブの感覚」を身につけ、「聞く」力をつけることを目的とした科目。

 「Essential English Reading」(1年次科目/1単位):英語で書かれた1冊の短い小説を「読み切る」ことを通じて、「読む」力をつけることを目的とした科目。