SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

UX戦略フォーラム対談シリーズ

ジェフ・サウロ氏が語る米国における「UXの投資対効果」とは?

対談:Measuring U ジェフ・サウロ氏 × 篠原 稔和氏 【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

日本のUXに対する意識は10年遅れている?

篠原: ところで、今回の滞在中、日本のUXの状況についてどのように感じられたでしょうか?

ジェフ: UXメトリクスというテーマでこれだけの人たちが関心を寄せて集まってきたことに大変、驚きました。米国でも、あれだけのメトリクスを専門にした人や関心を寄せる人たちを一堂に集めることは難しいのではないか、と。また。UXアプローチの重要性をみなさんが把握しているというだけでなく、UXを測定するというところにまで関心が向いてきていることに、非常に感銘を受けました。
それと、もう一つ気づいたことに、「UXのROI」への関心の高さについてがあります。UXのROIというのは10-15年前くらいは、米国においてもホットなトピックスの1つであったことには違いありません。たとえば、UXを正当化する目的で、どのくらいの効果があるのかということを証明する必要があったのです。 しかし、今の米国では、UXの価値は既に証明され、UXのROIはあるものとして認識されており、UXの取り組み自体が企業の競争力を強化し、他社との差別化を図る要素として認識されています。そして、ROIを考える必要もなくなっていったのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
UX戦略フォーラム対談シリーズ連載記事一覧

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング