SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineプレス (PR)

日本の強み“チームの生産性”を取り戻せ、ユニコーン企業アトラシアンの挑戦

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ビジネスユーザー向けの「JIRA Core」は何が違うのか?

「JIRA」はもともとソフトウェア開発のためのツールとして2002年に登場し、アジャイル開発のためのアドオン「JIRA Agile」、カスタマーデスクのためのアドオン「JIRA Service Desk」と発展してきた。そして、2015年10月にアドオンによる複雑な構造を廃し、ソフトウェア開発向け「JIRA Software」、サービスチーム向け「JIRA Service Desk」ビジネス向けの「JIRA Core」の3つの利用シーンに応じた独立製品に再構成。米国を中心に多彩なユーザーに活用されている。

ソフトウェア開発メインだった『JIRA』からソフトウェア開発に特化した機能を削ぎ落とし、簡単にビジネスで使えるようにしたのが『JIRA Core』です。ユーザーフィードバックで細部は変化してきましたが、『未確定なプロジェクトのタスクを管理する』というコンセプトは変わりません。(長沢氏)

「JIRA Core」においても、ワークフローが管理の軸となる。ワークフローの各タスクはチケットで管理され、誰に何が割当てられたかが可視化される。ソートすれば、進捗や総量、プライオリティなども一元管理することができる。さらにコミュニケーションの内容やドキュメントなどの成果物なども紐づけられるため、ワークフローをトレースするだけで、仕事全体を把握することも可能だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineプレス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング