SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業企画の現場で使う、ツールTips

ビジネスモデルに関するアイディアと仮説をテスト/検証する「進捗ボード」とは?

第13回:事業タイプと仮説タイプで異なる実験方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

事業と仮説のタイプによって最適なテスト方法を見つける

 アイディアや仮説をテスト/検証するための手段や方法は様々です(図3)。ここでは、重要なポイントをいくつか挙げてみましょう。

1. ピボットを恐れない

 全ての仮説が有効であることはまずありえません。実際にテストしてみれば分かりますが、多くの場合において最初の仮説でつまずくことになります。「1万回失敗したのではない、1万回うまくいかない方法を見つけただけだ」というエジソンの言葉を思い出しましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業企画の現場で使う、ツールTips連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング