SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

ニッポンの経営企画・事業企画

三井不動産のオープンイノベーションは「ライフサイエンス」を軸に“3つの利”を活かす

第8回:三井不動産株式会社 日本橋街づくり推進部 事業グループ統括 朝比奈宏氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

チャレンジ精神は会社の文化、長期的な視点は業界の特性

津田:
 テナント企業とのビジネス共創に踏み込んでいくわけですね。

朝比奈:
 はい。ただ我々はライフサイエンス業界のことは分かりませんので、何が必要なのか、とにかく人に聞きまくりました。そうすると、「これからはオープン・イノベーションだ」と皆さん言われるんです。エコシステムという言葉もその時に初めて知ったくらいで最初は本当に分からなかったのですが、とにかくそういうものが必要だと分かってきた。それならまずは皆さんが出会える場所を作りましょう、ということになりました。
 ビルと拠点を作るだけでなく皆さんを引っ搔き回す仕掛け、参加意識や帰属意識を持ってもらうための母体が必要だと考えて作ったのが「LINK-J」です。
 これは直接の儲けにはつながらないですが、「風が吹いて桶屋が儲かる」じゃないですけど、まずは風を吹かせて動かしていかないと少子高齢化、人口減少する日本において、不動産ビジネスの将来はないだろうという危機意識のもとでやっています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ニッポンの経営企画・事業企画連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

津嶋 辰郎(ツシマ タツロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング