SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「イノベーションのジレンマ」の大誤解

社内起業家人材は、なぜ大企業を辞めていくのか──イノベーションのジレンマの5原則

「イノベーションのジレンマ」の大誤解:第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

新規事業やオープンイノベーションは、「花形事業部」と「ベンチャー企業の粗探し勢力」が潰す

組織問題2:既存事業部門や抵抗勢力への調整で精一杯

タイトル

 多くの企業には看板となる「花形事業部」が存在しています。その花形事業も過去は新規事業であったり、ベンチャー企業として始まっていたりするはずです。その花形事業がその企業を、さらには日本経済を支えてきたわけです。そして、イノベーションのジレンマにある、株主の期待に応え、既存顧客の声に耳を傾け、オペレーションの効率化を追求し続ける慣性が働いているため、「登れるが、降りられない」状況になります。既存顧客が求める上位市場への移動は容易だが、逸脱的イノベーションが切り開く下位市場には関心を示さないどころか、抵抗感や嫌悪感を示すことがあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「イノベーションのジレンマ」の大誤解連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 規文(スズキ ノリフミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

合田 ジョージ(ゴウダ ジョージ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

村上 恭一(ムラカミ キョウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング