SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Workday流、グローバル人事の最前線

プレミアリーグに学ぶ人財採用と維持の教訓は、「組織文化」と「テクノロジー」

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

報酬以上に大切な「成長の機会」を、従業員に提供する

コークスクリュー型アプローチ

 例えば自社がビジネス界のマンチェスター・ユナイテッドのトップチーム、もしくはミドルズブラのような中間層のチームであっても、有力な人財をめぐる競争はどのような企業体でも激しいものです。採用、そしてさらに重要なリテンション(優秀な人財を自社に確保しておくこと、またその施策)は、人事リーダーが直面する2つの大きな課題です。では、社員が貢献意欲を維持しながらスキルアップし、成長をするにはどうすれば良いのでしょうか。賞与などの金銭的手当ては一部の従業員に短期的な動機付けになるかもしれません。しかし最高の報酬を受けるサッカー選手であっても、より多くのプレー機会や勝てるチームを目指して移籍していきます。ウィリスタワーズワトソンの調査によると、リテンションリスクの高い従業員の70%以上がキャリアアップのために組織を移ると主張しています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Workday流、グローバル人事の最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

デイビッド ・ホープ(デイビッド ・ホープ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング