SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

意志をブランドにして伝えるArchBRANDING

ソフトウェアエンジニアだった私が、ビジネス方法論「匠Method」を作った理由

第一回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

価値をデザインし、価値記述の要素から戦略を創りだす

 そして、要求開発方法論をベースに誕生し育て上げた匠Methodには、「論理的美の虚像」を排除する究極のやり方として、価値をイメージすることから始めるというやり方に変えていきました。具体的な価値をイメージした言葉やストーリーなどをから、やるべき事を絞り込むのが、もっとも大切なものを外さず短時間で進められるプロフェッショナルなアプローチに近いという想いに至りました。
その過程では、価値とは何かということを追求し、新たなモデル(形式的な図)として匠Methodに採用したのです。

 戦略を定義する前に、価値をデザインすることから始めるようになりました。 価値記述の要素から戦略を創りだすのです。
 そうすることで、戦略が絵に描いた餅にならず、価値で検証された戦略というこ とにもつながります。また、業務慣習についてもデザインした価値で問うことにより、無理無駄を生み出す悪しき慣習は撤廃できるわけです。この思わぬ効果としては、戦略スタートの要求開発の時代からすると考えられないくらい若い人たちがノリノリで匠Methodをやってくれるのです。そして戦略を気軽に考えられるようになります。
 今は若い人たちに匠Methodを教えたいという想いから、慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科の授業や早稲田大学 理工学術院の授業で学生に毎年教える機会をいただき楽しく授業を進めています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
意志をブランドにして伝えるArchBRANDING連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

萩本 順三(ハギモトジュンゾウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング