SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

濱口 秀司 連続インタビュー

“金の延べ棒”がないと諦める「背任行為」──濱口秀司氏が語る、大企業が成熟市場でやり抜く力とは?

monogoto 濱口 秀司氏インタビュー:第7回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“金の延べ棒”は、在ると思わなければ存在しない

──日本の大企業でも自らのリソースの範囲で興せるイノベーションがあるということですね。そのために必要なことは何でしょうか。

濱口:特に日本人には必要だと思いますね。世界でいろんな人と会って仕事をしてきましたが、人それぞれながらも“お国柄”を感じる場合があります。たとえばイスラエルの人たちは常識を疑ってみるし、「自分なりの結論を出すこと」にこだわりが強いんです。結果、様々なイノベーションを生み出してきました。一方、日本人は素直で協調性も高い。ある意味ではいいことでもあります。しかしイノベーションという点では、“常識”を信じ込むという弱点になるでしょう。意図的に「本当にそうなのか?」と問い続ければ、いつしかバイアスを破壊することにつながり、さらに考え抜いたところにすばらしい答えが見つかるでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
濱口 秀司 連続インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング