東急、JR東日本ら、「観光型MaaS」伊豆半島での実証実験Phase2を12月1日より実施

 東急、東日本旅客鉄道、ジェイアール東日本企画は、伊豆半島にて4月から実施している、鉄道、バス、AIオンデマンド乗合交通、レンタカー、レンタサイクルといった交通機関を、スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる2次交通統合型サービス「観光型MaaS」の実証実験の「Phase2」を、12月1日から実施する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 MaaS 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の4月1日から6月30日まで実施した「Phase1」では、専用MaaSアプリケーション「Izuko」が、当初想定を大幅に上回る23,231ダウンロードを獲得するなど、好調に推移した半面、ダウンロードの手間を含めた操作性や、サービスエリアの限定性、商品の幅、運用面など、多くの課題が浮き彫りになった。

 これらを踏まえ「Phase2」では、「Izuko」の基幹部分を、ダウンロードが不要なWebブラウザシステムに切り替え、操作性や運用性を大幅に改善させる。またJR伊東線区間をはじめとするサービスエリア拡大や、デジタルチケットの商品メニュー拡大のほか、実装を見据え、伊豆の多客期にあわせて実施する。

 さらに、本実証実験の定性目標に掲げた、オンデマンド乗合交通など新規施策を通じた地域課題解決の施策として、TVの操作だけでAIオンデマンド乗合交通が簡単に配車できる仕組みを導入し、より多くの人が利用できるよう、利用手段を充実させるとしている。