Biz/Zineニュース

都市部と地方の関係人口創出を目指し、多拠点住み放題ADDressが泊まり放題「ホステルパス」と連携

 月額制で全国の家に自由に住める多拠点ライフプラットフォームを展開するアドレス(以下、ADDres)と地域と世界をつなぐゲストハウス「Little Japan」や月額制のホステル泊まり放題サービス「Hostel Life」を運営するLittle Japanは、都市と地方における多拠点生活推進を目指して連携し、ホステルパスサービスの実証実験とADDress会員加入特典サービスを開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 社会・公共 地方創生 関係性人口 多拠点生活

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の実証実験は、月額料金を支払っているADDress会員とホステルパス登録メンバーが対象となる。ADDress会員対象の実証実験サービスは、月額1万円の追加料金を支払うことで、以下の条件でホステルパスサービスを利用できるプランとなっている。

  • 料金:ADDress会費+月額1万円(税抜き)
  • 連続利用:日〜木曜日
  • 1度に予約できる泊数:2泊分(チェックインごとに延泊予約可能、空き室がある限り連続利用可)
  • 部屋:ドミトリールーム
  • 対象:ADDress会員(年会員・半年会員限定)
  • 利用拠点:Little Japan提携物件 ※「Little Japan提携物件リスト」参照
  • 利用期間:2020年2月1日〜4月30日まで
  • エントリー方法:ADDress予約サイトの登録フォームより応募 ※抽選

Little Japan提携物件リストLittle Japan提携物件リスト

 東京23区や京都、大阪、札幌、名古屋などビジネス利用の比較的多い地域に加えて、屋久島などの人気観光地の拠点もADDress提携物件リストに加わり、実証期間中に追加されるLittle Japan提携物件も、利用対象物件となる。1度に予約できる泊数は一回につき2泊までだが、1泊目のチェックイン時に3泊目の予約ができる仕組みとなっている。3泊目以降、利用したい物件に在庫があれば、たとえば日曜から利用開始して木曜日まで、最大5日間のホステル滞在が可能となっている。

タイトル

 今回の提携により、金曜から日曜日の週末はADDress、日曜から木曜日の平日はホステルパスを利用した多拠点生活が楽しめる。ADDressの家が提供されていないエリアも連携物件に含まれているので、上手に組み合わせて活用しながら、より自由に全国を旅するように生活することが実現できるとしている。

 また、ホステルパス登録のメンバー対象に、ADDressをお得に利用できる会員登録特典プランを提供している。

  • 料金:ホステルパス料金+ハーフレント2か月分(月額2万円×2か月分、3か月目以降は月額4万円)
  • 対象者:ホステルパス登録メンバーで、2月末までにADDress会員登録した人
  • エントリー方法:ADDress専用フォームより申請

 今回の両社の提携により利用可能な全国の拠点は以下(2020年1月24日時点)。

タイトル