Biz/Zineニュース

「観光×IT」で沖縄からイノベーション、「ResorTech Okinawa」開催

  2月5日と6日の2日間にわたり、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで「ResorTech Okinawa」(リゾテック・オキナワ:おきなわ国際IT見本市)が開催された。「観光×IT」というコンセプトで、沖縄に次世代の産業を醸成していくという目的で開催され、2日間で8800名の来場者が集まった。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] MaaS 観光ビジネス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ResorTech Okinawa」では、観光関連、都市技術の他、5G通信、MaaS、VR/AR、ロボット等をはじめとする展示とセミナーがおこなわれ、スタートアップイベント「Okinawa Startup Festa 2020」も同時開催された。

 オープニングに登壇した稲垣委員長は「リゾートとテクノロジーの掛け合わせによって、観光リゾートと地域の振興を共に図り、人々の暮らしに役立つソリューションや商談、ビジネスマッチングの機会を提供していきたい」と語った。今後継続的に発信をおこない、今回はプレ開催的な位置づけになるという。

 次に玉城デニー沖縄県知事が挨拶を述べ、「アジア、太平洋地域の近接性を活かし、“リゾテック”で、沖縄から世界に発信するイノベーションをめざしたい」と語った。

オープニングのテープカット

オープニングのテープカット

沖縄県知事 玉城デニー氏/ResorTech Okinawa実行委員会委員長 稲垣純一氏/沖縄セルラー電話 常務取締役山森誠司氏/SCSK 代表取締役 社長執行役員最高執行責任者 谷原徹氏

沖縄県知事 玉城デニー氏/ResorTech Okinawa 実行委員会委員長 稲垣純一氏
/沖縄セルラー電話 常務取締役 山森誠司氏/SCSK 代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者 谷原徹氏

「リゾート×テクノロジー」による各社プレゼンテーション

 今回の開催では国内外の130社が協力。中でも観光サービス、システム開発、MaaS、ロボット、IoT、5G関連、VR/MRなどのテクノロジー企業が集結した。
オープニング・セッションでは、本イベントのスポンサー企業であるSCSK、沖縄セルラー電話/KDDIによる講演がおこなわれた。

 沖縄セルラー電話の常務取締役の山森誠司氏は、沖縄での5G通信の促進に力を入れると述べ「既存のファイバー回線のケーブルに加え、西側に新たに設置される海底ケーブルのネットワークと沖縄のネットワークセンターをループ状につなぎ、事業を展開していく」などの構想を紹介。

 またSCSK 代表取締役 社長執行役員最高執行責任者の谷原徹氏は「SCSKが現在もっとも注力する安心・安全をテーマに、ITによる沖縄の将来のために取り組む」と延べ、県内での新ビルやテスト検証センターの設置などの取り組みを紹介した。

 その他にも、JAL、ANA、Facebook、AWSの共演による旅に関するテクノロジーをテーマにしたパネルディスカッション、アマデウスによるスマートツーリズム、DiDiによる日本市場での戦略などのセミナー、沖縄県の実証実験の報告会、沖縄発スタートアップと投資家によるパネルディスカッションなどがおこなわれた。

 また、出展企業を対象に、ResorTech AWARDとして以下の企業の製品・サービスが表彰された。

ResorTech AWARD受賞企業

ResorTech AWARD受賞企業

【総合グランプリ】

・ANAホールディングス株式会社
 newme(ニューミー)
 遠隔地でのあらゆる体験を実現する普及型アバターロボット
 https://avatarin.com/avatar/newme/

【イノベーション部門グランプリ】
・株式会社 Alpaca.Lab(アルパカラボ)
 AIRCLE(エアクル)
 運転代行プラットフォームサービス
 https://aircle.cc

【海外部門グランプリ】
・Maxon Creative Inc.
 VM-Fi(ヴィーエムファイ)
 ツアーガイドソリューション
 https://www.maxoncreative.com

事務局を務める沖縄 ITイノベーション戦略センター(ISCO)では、今後「ResorTech」をイベントの開催にとどまらず、継続的な企業の技術の実証実験、検証や事業開発の活動とし「沖縄発のテックブランドとして育てていく」考えだという。

次回のResorTech Okinawa は10月29日〜11月1日、「ツーリズムEXPO ジャパン」と同時開催を予定している。