Biz/Zineニュース

リコー、「RICOH Image Pointer」のクラウドファンディングを開始

 リコーは、新規事業の創出に向けた取り組みとして、2019 年度より、スタートアップ企業や社内外の起業家の成長を支援して事業共創を目指すプログラム「RICOH ACCELERATOR」(リコーアクセラレーター)を行っている。このプログラムで活動している社内チームが基礎開発した小型ハンディプロジェクター「RICOH Image Pointer」の購入型のクラウドファンディングの募集を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略 新規事業開発 クラウドファンディング イノベーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このクラウドファンディングプロジェクト(以下、本プロジェクト)は5 月15 日までに目標金額1000 万円を目指し、量産開発/商品化判断をするもの。本プロジェクトに賛同する支援者には、クラウドファンディング特別価格で商品をご提供する。クラウドファンディングは、きびだんごが運営する「Kibidango」、およびCCC(TSUTAYA)グループのワンモアが運営する「GREEN FUNDING」の共催で行われる。

RICOH Image Pointer

 「RICOH Image Pointer」は、ボタンひとつで動画や画像を投影し、複数の人と楽しむことができる手のひらサイズの小型ハンディプロジェクター。バッテリ内蔵でワイヤレス接続に対応しているため、電源やケーブルをつないだり、投影までに時間がかかったり、パソコンと接続する煩雑さがなく、写真や映像を瞬時に映し出すことができる。家族や友人、みんなが集まる場で、一緒に同じ画面を見て、情報や感動をリアルタイムに分かち合いたいという商品開発担当者の思いから「RICOH Image Pointer」 は生まれたという。ビジネス領域にとどまらず、家庭などのさまざまなシーンで活用できる新しい価値を提供したいと述べている。