Biz/Zineニュース

NTTコミュニケーションズ、製造業のDXを支援するSmart Factoryを推進

 NTTコミュニケーションズ (以下、NTT Com) は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、社会的課題の解決を通じた「Smart World」の実現をめざしている。その1つである「Smart Factory」において、NTT Comは、データ利活用に必要なすべての機能をワンストップで利用できる「Smart Data Platform」を活用し、2020年度より製造業に特化した業界協調型デジタルプラットフォームやDXソリューションを展開していく。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT AI・機械学習 企業戦略 スマートファクトリー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

取り組みの背景・目的

 少子高齢化の進む日本において、モノづくりに従事する製造業就労者の減少はますます深刻化しており、限られた人員で従来の成果を維持、拡張することが今後の大きな課題になっている。そのためには、現場業務の省力化、生産性向上ならびに業界内外のパートナーとの連携・協業を加速させることが必要となる。加えて、自社の強みを発揮できる"コアコンピタンス"への注力と、業界内でリソースを共有可能な"共創協調領域"の効率化の両面を実現することが重要となる。

 NTT Comでは、昨年9月より提供している「Smart Data Platform」上で、各企業の秘匿性の高いデータを安全に流通させる仕組みである「DATA Trust」を具備した業界協調型デジタルプラットフォーム、さらには製造業各社のコアコンピタンス強化を支援する製造業向けDXソリューションを、今後提供していくとしている。

Smart Factory「Smart Factory」のターゲット領域

「Smart Factory」の3つのアプローチ

(1) 業界協調型デジタルプラットフォーム

 製造現場における共創協調領域の業務や重複業務について、個社単位ではなく、業界全体でのデジタル化・ユーティリティ化を実現するための業界協調型デジタルプラットフォームを提供。これにより、自社のリソースを、注力すべき真のコアコンピタンスへ集中することが可能となるとしている。

(2) 秘匿性の高いデータを安全に流通させる「DATA Trust」

 「DATA Trust」では、データの所有者がデータの利用条件や利用者を指定でき、秘匿性の高いデータを安全に流通・分析することが可能。NTT Comでは、NTT ソフトウェアイノベーションセンタの研究成果を活用し、「DATA Trust」を「Smart Data Platform」の基盤機能の1つとして提供する。これにより、さまざまな企業のデータが共存できる業界エコシステムとして、産業全体の競争力を下支えする。

(3) コアコンピタンスにおけるDXソリューション

 これまでNTTグループが取り組んできたAIやデータ分析の知見と、製造各社の技術・ノウハウを掛け合わせ、さらにはローカル5GやOTセキュリティを活用して、製造現場のさまざまな課題を解決し新たな価値創出を支援する。

タイトル

「Smart Factory」を実現するアクティビティ

タイトル

(1)デジタルマッチング(設計/調達DX)

 製造業全体の業務効率化に向け、3次元設計データによる部品(直接材)の調達にフォーカスしたマッチングと設計・調達業務の効率化を軸としたサービスを提供。

(2) 組立加工DX

 IoT技術を活用することで、工場の見える化や複数工場間の連携を実現し、工作機械業界全体のDXを支援するサービスを提供する。

(3)化学プラントDX

 アドオンセンサーによる異常検知、音声認識デジタル点検表、目視作業のAI画像解析による自動化など、運転・保全員の五感データを活用したアプリケーション、防爆インフラを提供。

(4)デジタルツイン/アナリティクス

 工場内で発生するデータをAIで解析し、品質予測・異常検知・運転最適化・要因可視化・自動制御などにより、コアコンピタンスのDXソリューションを提供する。

(5)サーキュラーエコノミー

 サーキュラーエコノミーを実現するために必要な原材料・中間材・製品・エネルギー・人に関わるデータを流通するためのプラットフォームをパートナーと一緒に提供する。