SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

リモート時代のプロジェクトの進め方

セールスフォース・ドットコムが語る非対面のフィールドセールス──ニューノーマルな人材育成を可視化する

第4回 ゲスト:セールスフォース・ドットコム 河邉大輔氏、並木康貴氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

これからの時代におけるフィールドセールスの“あるべき状態”とは?

前田:そういった変化が起こると、従来の営業社員のあるべき状態と現在のあるべき状態も変化するのではと考えます。フィールドセールスを育成する立場からして、非対面であってもフィールドセールスが契約を取れるようになるためには、どのような“あるべき状態”に育成する必要があるでしょうか。

河邉:まずは、これまで以上にお客様に寄り添うことが重要と考えています。「寄り添う」というと色々な解釈ができますが、一番のポイントは想像力です。お客様はそれぞれ個別の課題をお持ちですが、新型コロナウイルスがもたらした世の中の変化を敏感にとらえ、お客様のビジネスにどのような影響が出ているのかを想像できるようになる必要があります。お客様の先のお客様(消費者・顧客企業)の求めるものが新型コロナウイルスの影響でどのように変わったのか、どのような課題に直面するようになったのかという変化をもとに、新しいビジネスの形を考えるご支援をさせていただいています。セールスフォースには「カスタマーサクセス」という大事な価値観がありますが、新型コロナによって、よりそこに立ち戻るという意識を強く持つようになりました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
リモート時代のプロジェクトの進め方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

前田 考歩(マエダ タカホ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング