Biz/Zineニュース

Relicとビザスク、業務提携により新規事業創出プラットフォームを提供開始

 新規事業開発やイノベーション創出を支援する事業共創カンパニーであるRelicは、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営するビザスクとの業務提携を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の業務提携による取り組みは、新型コロナウイルス感染症対策下にて急速にニーズの高まる「新規事業創出プロセスのオンライン化」に対応し、アイデア創出や仮説検証~事業化の一連のプロセスをオンライン完結するプラットフォームを、Relicとビザスクが共同で提供するもの。

 新規事業創出プロセスのオンライン化は、アイデア/構想を生み出し、事業案を企画し、仮説検証/リサーチを通して事業案を磨き上げ、事業化を判断する一連のアクションをオンラインで実行するための仕組み。新型コロナウイルス感染症対策下に対応し人的接触や密を避けるのみならず、日本全国や海外に支社支店を持つ大企業やグローバル企業、在宅勤務/出社が選択できる企業等、物理的/時間的制約を超えて全社的に新規事業創出に取り組みたい企業にとって必須の仕組みだという。

 Relicのイノベーションマネジメントプラットフォーム「Throttle」と、ビザスクの新規事業創出支援パッケージ「ビザスク project」を合わせて活用することで、これまでオフラインでの対話を前提としていた新規事業創出プロセスを、同等以上の品質や利便性を担保したうえでオンライン完結させるプラットフォームを提供するとしている。