SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

「大企業による新規事業」のリアル

LIFULL SPACE奥村氏が語る、新規事業を次々に生み出すために必要な“資質”と“文化”

第11回 ゲスト:LIFULL SPACE 奥村周平さん

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

新卒2年目という“若さ”をエネルギーに事業化にこぎつける

畠山:トランクルーム検索サイトで創業されたんですよね。LIFULL社内の新規事業提案制度「SWITCH」で優秀賞をもらったものの、いったんそれだけで終わりそうだったので、改めて経営陣にプレゼンの機会をもらって事業化を勝ち取ったと聞きました。どういった経緯だったのでしょうか。

奥村:当時は「SWITCH」受賞後のルートが明確になっておらず、いわゆる“ビジコン”で終わるようなところがありました。自分で働きかけるしかなかったので、いろいろな会議で事業化したいと伝え続けたんです。その結果、新卒2年目のときに「予算をつけるからやってみなよ」と承認していただいて、数千万円の資金をもとに新卒3年目から事業化に取り組み始めました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「大企業による新規事業」のリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

畠山 和也(ハタケヤマ カズヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング