Biz/Zineニュース

日立システムズ、顧客との協創とデジタル人財の育成を目的とした施設を大阪に開設

 日立システムズは、「お客さまと共に考え、評価し、実現する」をコンセプトに、顧客のデジタル化の課題に向き合い、IT技術を活用することで、顧客の業務や経営の変革を支援する施設「DX Smart Lounge Osaka」(以下、DSL Osaka)をオープンした。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DSL Osakaは、これまで日立システムズが培ってきたITの技術力と、現場のプロフェッショナルである顧客の知見を掛け合わせることで、新たな価値を創造し、顧客の変革ビジョンを実現するオープンイノベーションの場。さらに、実現を裏付けるための、日立システムズグループのエンジニアへのさまざまな実践的な教育・訓練による人財育成の場も併設している。

 これにより、日立システムズが対話と品質の両面から、顧客の置かれている個々の状況に合わせたデジタル化を支援するとしている。