Biz/Zineニュース

アースキー、電通と事業連携 事業会社の新規事業支援を強化

 アースキーと電通は、新規事業を推進する事業会社向けに新規事業の更なる成長を支援することを目指し、事業連携を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] DX 新規事業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の連携では、アースキーが主催している最先端のDX(デジタルトランスフォーメーション)サービスを展開するスタートアップが登壇するピッチイベント「earthkey pitch」において、電通がパートナー企業となる。

 電通では事業会社向けに「360度事業支援サービス」の推進のため、2019年に事業成長支援の専門家からなる社内組織「電通グロースデザインユニット」(以下「DGDU」)を立ち上げている。DGDUは、これまでの活動で培った事業グロース視点での知見を通じて、大企業、スタートアップと三位一体となり、協業の在り方を変革し、社会の新しい価値創出に取り組んできた。

 両社は、イベントを通じて、大企業とスタートアップとの新たなイノベーション創出の機会を支援すると共に、DGDUが提供している事業会社向け「360°事業成長支援サービス」を提供することで、新規事業の成長を後押ししていくという。